『私の恋愛体験』1  by M.K

私は20歳のフリーターです。私は今まで付き合った人が居なくて男の人のことが分からなかったんですが、そんな私に初めて出来た彼氏とのエピソードを聞いて下さい。

短大二年の冬にオープニングスタッフで募集していた古本屋に採用されて次の日からバイト先に行くと、ほとんどが男の人しかいなくて最初は、とまどってばかりの私でしたが趣味が共通することから仲良くなるのに時間はかかりませんでした。

私の彼氏のN君のことを私は最初、女っぽくて頼りないというイメージがありあんまりイメージはよくありませんでした。けれど、だんだんと優しさに気づいて好印象に変わりました。私は、あまり人を好きになったことが無かったし高校は女子校だったから恋愛感情がよく分かりませんでした。

そんな時に年上のSさんと言う主婦の人や他の女の子から誰が好き?と良く聞かれるようになったりして私は、何でそんなに聞くのかが分からなくて「好きな人は居ない」といっていました。けど、ある日「気になる人は?一番ましなのは?」とか、すっごくしつこくてうざかったので優しい感じがしたKさんという人の名前を言ったら男の子に言いふらされていたみたいなんです。

そんなことがあったなんて知らない時に同じ担当の男の子のA君に告白をされたんです。私はA君に対して恋愛感情は無かったんですがA君は優しいし同じ担当やし断って気まずくなりたくないので真剣に悩みました。そんな時に、N君のことばかり考えてしまってA君に告白をされたのにN君が夢に出ていたりしました。

その次の日にN君からメールが来て、バイトの人達の何人かでボーリングに行くんやけど来ない?ってメールが来て気晴らしにもなるし、N君のことが少し気になってたので行きました。

つづく・・・


次のストーリー

実話恋愛ドラマ一覧に戻る